低価格の青汁と高級の青汁の違い

低価格の青汁と高級の青汁の違い

「健康のために青汁を」というのは、ある種健康マニアの方にとっては常識とも言えるようになり、かつては罰ゲーム用として用いられていた青汁も、現在ではすっかり健康食品として不動の地位を得るに至りました。

 

さて、そんな青汁ですが、販売される種類は極端に増え、その質についてもピンキリとなりました。

 

30包1000円程度の青汁から、同量で6000円7000円するような商品まであり、どれを選ぶかというのはなかなか頭を悩ませるような状態です。

 

同じ青汁なのにここまで差が出る理由ですが、一番大きいのはやはり使われている原材料です。

 

安い青汁は安いなりの理由があり、「材料の生産国が日本以外である」とか「使われている材料が少ない」とか「使われている技術が拙い」などなど、原材料に関するだけでも様々なものがあります。

 

原材料の生産国ですが、国産材料というのはやはり安全性については他国に比べて一枚も二枚も上手なのが現実で、健康のために飲み続ける物の安全性を疎かにするというのも、本末転倒な話です。

 

使われている材料の数も3〜4種類で、高級な青汁であれば10種類近く使われているのもあります、製造に使われる技術もいかに栄養素を引き出すかという部分に大きく関係します。

 

これらは価格に如実に反映するものですから、予算が許すのであれば価格の高い青汁を選ぶのが得策と言えます。
成長期の小学生におすすめの青汁生活

青汁を利用したレシピ

 

青汁を飲むことが苦手に感じてしまう人は、料理として活用してみるとよいです。

 

サラダが好きな人は、ドレッシングとして青汁を利用してみると、よりたくさんの栄養成分を摂取しやすくなってきます。

 

生野菜にも栄養成分は含まれていますが、緑黄色野菜に比べると栄養分は少ない状態です。

 

ただ、サラダで足りない栄養成分は、青汁ドレッシングをかけることで補うことができるのです。

 

青汁と調味料やオイルを混ぜ合わせることで、おいしく栄養たっぷりのドレッシングを作れるようになってきます。

 

いつも食べている生野菜にかけるだけで食べることができるので、朝だけではなくランチや夕食にもおいしく食べることができるでしょう。

 

また、ドレッシングだけではなくスイーツのソースを作るときに青汁を利用することで、栄養満点のお菓子を食べることができます。

 

プリンを食べる時にソースを作っておくことで、味を高めることができます。

 

ソースをかけて食べれば、深みのある味に感動することができますが、青汁を利用してプリンのソースを作れば抹茶のような味を楽しむことができるのです。

 

しかも味の良さを感じられるだけではなく、栄養分も摂取できるのでお得になってくるでしょう。